宇都宮スポーツナビは、宇都宮市のスポーツ施設、スポーツイベント、スポーツ教室やサークルなどの情報をご提供する宇都宮市スポーツ振興財団のスポーツ情報サイトです。

スポーツ施設

宮原球場

さよなら宮原球場!!
56年の歴史に幕。解体し再整備へ

 宮原運動公園野球場は施設の老朽化が進み、2017年10月から解体工事に入ります。解体後、平面の野球場として暫定利用し、その後観客席付の野球場として新設される予定です。
 宇都宮市内で現存する野球場では1番古く、アンツーカの内野フィールドと芝生の外野を持ち、70年代には天皇賜杯全日本軟式野球大会などの全国大会も開かれ、学童野球から高校野球、一般野球まで、さまざまな世代での大会で使用されました。市長杯ナイター開会式では花火が打ち上げられ宇都宮の風物詩として、長い間市民に親しまれた球場でもありました。
 また、映画「キャプテン・実写版」やNHKBS「時代をプロデュースした者たち川上哲治とV9巨人」の撮影会場としても使用されました。

(歴史)
 宮原運動公園は、1961年(昭和36年)9月に野球場A面、翌年7月B面(1972年廃止)、8月に庭球場を作り、63年8月に弓道場、64年12月には排球場が完成しました。野球場は71年~74年度の継続改修工事として2面を1面にして照明設備を設置、76年には大谷石積で約9,000人収容のスタンドが設置されました。